とても危険な存在です|フロントラインも今では通販で手に入れられる時代に
たくさんの薬

とても危険な存在です

数種類のカプセルと錠剤

ではフィラリアは実際に犬に感染したとき、どこにその身を潜めているのか?
実はしばらくの間は常に犬の皮膚の下に存在しています。
つまり筋肉だったり脂肪のどこかにフィラリアがいるのです。
ここにいる間は特に何かしら動きを見せることもなく、じっと静かにしているという特徴があります。
だから誰もがフィラリアの存在にすぐに気づくことがないのです。
そしてじっとしているこのタイミングであなたはしっかり予防薬を使ってフィラリアを駆除していく必要があります。
フィラリアはもちろん永久的にその場にとどまっているわけではなく、成熟した後は犬の体中を動き回ります。
つまり成熟してしまってからその存在に気づいてもすでに遅いわけです。
実は予防薬というのは主に成熟前のフィラリアに対して有効的なものとなっています。
フィラリアは成熟すると血管のなかに侵入するようになるので、そこまで進んでしまうともう取り返しがつきません。
なおフィラリアに感染したら実際に成熟しきるまでに「約2か月」の時間を必要とします。
そのためフィラリアの予防薬は主に「1ヵ月に1回」の投与を原則としている薬が多いです。
これを守っていれば凶悪なフィラリアも完璧に消滅させることが可能なので、必ず用法用量を守り投与を忘れずにしてほしいと思います。
ただ1ヵ月に1回という頻度は多くの人がうっかりしてしまうでしょう。
気づいた頃には「あれ?今月投与したっけ…」といった記憶探しをすることになるので、絶対に忘れないようにカレンダーに印をつけておくなり、自分がわかりやすいようにしておくことがとても重要です。